梅雨曇り

f0195018_18151931.jpg

FUJIFILM X-PRO1, CV NOKTON Classic 40mm F1.4 SC

紫陽花&6月のイメージを素敵に!
[PR]
# by ikytrkr | 2012-06-12 18:16 | カラー

銀座

f0195018_18474919.jpg

LEICA M9, CV NOKTON Classic 40mm F1.4 SC
[PR]
# by ikytrkr | 2012-06-11 18:45 | カラー

古都二景

f0195018_17571321.jpg
f0195018_17572087.jpg

LEICA M2, Summaron35mm F3.5, KODAK TRI-X
[PR]
# by ikytrkr | 2012-06-07 17:58 | モノクロ

蛍火

f0195018_22434597.jpg

FUJIFILM X-PRO1, XF35mm F1.5R

ふわりふわり。
[PR]
# by ikytrkr | 2012-06-05 22:44 | カラー

コマフレア

f0195018_17502655.jpg
f0195018_17501643.jpg

EPSON R-D1s, Summarit50mm F1.5

こういう描写が好いとか言うのは、あくまで「好い」のであって「良い」のではないと思っている。
MTF 曲線だとかの信奉者ではないが、現代の極限まで収差を無くしたレンズが、技術的に戦前の物に劣るというのは普通に考えても有り得ない筈である。
更に言うなら、これが名立たるメーカーのレンズで無ければ、糞味噌に言われるはずだ。
これはライツのレンズであるから ... というのが「味」という言葉に化けている様にも感じられる。

ただ個人的には結構好きなのである。
これもまた良く言われる事なのだが、今どきのレンズは、たとえそれが普及用のキットレンズであってもべらぼうに良く写る。
良く写るが故に、どのレンズでも似たような感じになってしまう。
これを「詰まらない」と言ってしまっては開発者の方々に申し訳無いのだけど、昔のレンズは技術が未熟であってが故の努力の結晶の様な物が見え隠れする。

怒涛のコマフレアである。
堪能あれ。
[PR]
# by ikytrkr | 2012-05-30 17:59 | カラー

Symmetry of images and memories


by ikytrkr

プロフィールを見る
画像一覧